現代人に多いうつ病~心の病は早めの治療が肝心~

笑顔の男性

気持ちが落ち込む精神疾患

ハートと聴診器

うつ病の治療は「抗うつ薬」を使った薬による治療と、原因となるストレスや生活環境の改善を患者さん自身とその周りの人が配慮して改善させる事が大切である事が分かります。この2つの治療を併用する事によって、初めてうつ病の完治が可能となります。

» 読んでみよう

薬以外のものも大切です

カウンセリング

うつ病の治療には薬が効果的とされていますが、その他にもセロトニンを多く生産する食物の摂取、専門職や家族、友人、仲間などの人と人との繋がりが改善における大きな要素にもなり、服薬と併せて取り組むべき事項とも言えます。

» 読んでみよう

心の病は改善できます

医者

早めの対処が肝心です

現代は各メディアの発達により必要な情報を瞬時に得られる情報化社会です。情報は生活を便利にしてくれる半面、人の心や体へ影響を与える事があります。価値観の多様化は社会を複雑化させ、ストレスを生み出します。多くの人が気が付かない内に日常生活の中や職場でもストレスに晒されています。この様な社会では上手くストレスと付き合う方法を会得していない人は生きづらさを感じる事もあります。大量の情報が飛び交う中で自分に必要なものだけを選んで行く事もストレスを受け流していく方法です。しかし中には心を病んでしまう人も少なくないです。食べる事でストレスを解消させようとすれば拒食症や過食症といった摂食障害となる事があります。質の良い睡眠を得られ無い人は不眠症等になります。睡眠不足で翌日の仕事に影響が出る様になるとその事が原因で更にストレスが溜まる事になります。気分の浮き沈みが激しく、漠然とした憂鬱感だけが長期間続く事もあります。そして心の病は周囲の人には普段と変わらない様に感じられる事があるので、症状が深刻化してしまう事もあります。これ等の症状が目立つ人はうつ病の可能性があります。うつ病は早めに対処すればそれだけ社会復帰までの期間を短縮させる事ができます。少しでもうつ病の兆候が見られたら治療を受ける事が先決です。

気軽に利用できます

一般的にうつ病等の心の病は精神科で治療します。周囲の人の指摘や自覚症状がある人は精神科で専門医による治療を受けるのが最適です。しかし自分でどの様な心の病であるかを的確に診断するのは現実には難しいです。一人で思い悩むよりも、まずはかかりつけの内科医に相談するのも良い方法です。必要があれば精神科へ紹介してもらえます。精神科での治療は抗うつ薬や向精神薬、睡眠薬等を使用しての薬物療法を中心に行われます。同時に臨床心理士によるカウンセリングを行い、うつ病の原因となる環境や習慣を見直していくという作業も行われます。これ等の心理療法はうつ病治療には効果的な方法なので、多くの人が積極的に受けています。うつ病の治療は早い人でも完治までに数ヶ月はかかります。数年の間に症状をくり返してしまう人もいます。処方された薬は副作用もあり、自分の判断で中断してはいけない薬も含まれています。専門医の指導を守り、計画的な治療を行う事が大切です。そして最近は心の病への見方や考え方が変わりつつあります。偏見を持つ人も減り、うつ病に対しても心の風邪の様に捉える人もいます。この様な理由により精神科を気軽に訪れる人が増えています。

サブメニュー

気分に出る精神疾患

笑顔の女性

うつ病の治療では、原因となっているストレスや生活環境や対人関係などによって症状が異なるため、原因をしっかりと理解した上で必要に応じた治療を行う事が大切です。また、体に負担をかけないために、うつの症状が軽い間は認知行動療法を中心とした治療を行うのがおすすめだと言えます。

» 読んでみよう

早目の受診が大切です

女性

うつの症状を人それぞれ異なります。そのため、初期段階では気付きにくく、気が付けば日常生活に支障が出る程、悪化してしまう恐れもあります。そうならないためにも、何か不調が続くと感じた場合には早急に精神科や心療内科を受診し、治療を始める事が大切です。

» 読んでみよう