現代人に多いうつ病~心の病は早めの治療が肝心~

男の人

気持ちが落ち込む精神疾患

ハートと聴診器

この病気の治るまでの特徴

うつ病の特徴的な症状は、気分が落ち込み何をするにもやる気が出ないといった精神力の低下などがあります。うつ病は、精神疾患の一つであり、しっかりと完治させないと日常生活に支障が起こってしまいます。そのため、うつ病の治療法としては原因となっているストレスや生活環境の改善などが目的となっており、主に薬を使った治療が行われます。完治が可能となる期間としては、3〜6ヶ月程度が基本であり、長引いてしまうと1〜2年に渡って治療を行う必要があります。また、再発する可能性がとても高く見られているため、医師から処方された薬を指示があるまで飲み続ける事が大切です。自己判断で薬を中断したり、受診を止めてしまうと何度も再発してしまったり、悪化してしまう事に繋がります。主にうつ病の治療に使われる薬は「抗うつ薬」がありますが、これは効果を実感するためには数週間かかり、効果を実感する前に副作用が出てくるといった場合もあります。この薬の副作用としては、眠気・倦怠感・吐き気・下痢・便秘などの症状が多く見られており、頭痛・喉の渇き・めまいなどを伴う事もあると言われています。また、薬による治療を行いつつ、うつ病の原因となっているストレスや生活環境問題を解決するための対策を取る事も大切です。

原因の改善が重要となる

先程説明した「抗うつ薬」を使った治療法を行ったとしても、原因となっているストレスや生活環境の改善を行わないと、再発や治療を長引かせるなどの原因となってしまいます。うつ病の原因を取り除くためには、患者さん本人の「必ず治る」という意思を持つ心や、周りの人達の配慮が大きな影響を与える事が分かっています。患者さん本人が暗くなって、「もう治らない」などと考えたりしていると、気持ちの問題としてそれがストレスとなり、いくら薬を服用していたとしても改善が見られる事はありません。そのため、「必ず治る」という意思を持つ事で、気持ちが前向きになる事から、薬が相乗効果をもたらしてくれて、早く治す事ができます。また、気持ちの問題だけでは、患者さん自身のみの改善となってしまうため、周りの協力が最も大切であると言えます。患者さん自身の心構えが変わってきたとしても、周りの人達の配慮がないと同じような悪循環の繰り返しとなってしまいます。具体的に周りの人が行う患者さんへの配慮は、患者さんにストレスを与えないような環境作りをする事が基本となっており、患者さんが相談したい事がある時には親身になって話を聞き、治療に対して焦らせるような事はしないようにします。また、一番重要となるのは、自殺をしようと患者さんが思った時にすぐに止める事が挙げられます。